LIXIL(リクシル)洗面化粧台LCとMVの違いについて!使ってみた感想


こんにちは、イケサンです。

我が家の洗面化粧台はLIXIL(リクシル)の洗面化粧台を使ってます。


スポンサーリンク


グレードは、中価格帯モデルのMVになります。

 

我が家は、ヤマト住建という神戸を中心としたハウスメーカーで注文住宅として建て、洗面化粧台は、TOTO、LIXIL、Panasonicの3メーカーから選べました。

 

価格としてLIXILが1番安かったので、LIXILに決定。

 

LIXILのMVはベンダー向けに製造されているので、手頃な価格になっていました。

 

LIXILショールームにはLC(エルシィ)しか展示されておらず、内容はほぼ同じということをショールームの方が言っていたので、それを信じました。

 

実際に家が建ち、立会いで確認した際、引出しがソフトクローズせず、バタンと閉まったので、ソフトクローズになっていないことをLIXILに確認してもらったところ「仕様です」と言われ、愕然としました。

 

見積に記載はなく、納得いかないので家を建てたヤマト住建からLIXIL側に、ソフトクローズに出来ないか確認してもらうことにしました。

 

結果はあっけないものです、ソフトクローズには出来ないという連絡を受け、ほぼ諦めることにしました。

 

新居に住み始めて2週間位して、ヤマト住建からショールームで決めたソフトクローズ対応のLCに交換してくれるという連絡を受けました。

 

諦めていたところに良い返答がきたので、ヤマト住建の対応とLIXIL側の好対応に感謝です。

 

 

工事は住み始めて2ヶ月位とだいぶ経ってからになりましたが、ようやく交換されました。さよならMV

 

MVからLCに変わり使ってみて、違いについて述べたいと思います。

 

 

外観

外観は、ほぼ同じです。LCは取っ手付きしか仕様としてなく、色はクリエダークのままです。取っ手だけ見た目は変わりました。

MV

LC

元々、もめる原因になったソフトクローズがLCには標準でつきます。ようやく、バタンと閉まることはなくなりました。引き出しレール1番奥のグレープラスチック部分が、衝撃を吸収する仕掛けになってます。

横につけたキャビネットは、MVはプッシュ式で扉が開きます。

 

LCは開き扉になります。扉を閉じる時にバタンと閉まらないような構造になってます。グレープラスチック部分が吸収してくれます。

MVのプッシュ式の方が手を使わないでも開けられたので、キャビネットはそのままで良いと言ったんですが、保証がきかなくなるということで、諦めました。


スポンサーリンク

収納量

鏡の内側にある収納の変更点はありません。

MV

LC

まだ、上手く活用できていませんが、子供が大きくなったら使うと思うので、真ん中の収納は空けています。

 

開け閉めのことを考えると真ん中よりも、左右の収納が使い勝手良いです。

 

また、120cmの洗面化粧台だと、収納量が凄く多いので、現状はスカスカの状態です。

 

キャビネットは45cm幅✕奥行き50cm程度あるので、充分な収納量があります。

引出しの収納量は、MVよりもLCの方があります。収納量を増やすため、配管を避けて左側奥のデッドスペースをL字形で確保しています。

 

MV

LC

右側は即湯器など機器が付いているので、奥まで使えません。

 

2階即湯器付き

1階即湯器なし

そのL字型から、LCという名前にでもなったのかもしれません。

 

MVも見た目は、奥行きも取れているような設計に見えますが、実際の奥行きはL字で出っ張った分、LCの方が収納量がありました。

 

LC引出しの内寸(実測結果)
上段棚
左奥行き32.5cm✕右奥行き26.5cm✕高さ12cm

 

上段棚は、外観上たっぷり収納できるように見えますが、実際は洗面ボウル分は収納できないので、低めの物を収納するのに適しています。

 

 

下段棚
左奥行き37.5cm✕右奥行き27.5cm✕高さ26cm

 

下段棚は、そこそこ高さが確保できるので、大容量のマウスウォッシュや、コンタクト洗浄液、100円均一とかで販売している、A4の書類ケースなら入ります。


スポンサーリンク

照明、その他

照明はMVもLCも同じで、LEDライトがセンター上段に設置されています。

洗面化粧台の照明スイッチはMVの写真を撮り忘れたのでありませんが、カチカチするスイッチでした。

 

LCは軽くプッシュすると照明が付くスイッチなので、汚れた手のひらでなく、手の甲側でも付けられるので使い勝手が良いです。

 

洗面の排水部分のゴミをキャッチするのも同じで、穴が大きめなので、髪の毛など、あまり溜まることはないです。

キャッチしないで良いかは、何とも言えませんが...。

 

洗面器部分は、幅が59cm✕奥行き45cm程度あり床への水はねは少ない設計になっています。MVもLCも形状に変更はありません。

 

ミラー内側の収納には、真ん中と右側の収納にコンセントが付いてます。MVもLCも同じです。

そんな感じで、ある程度同じ仕様ですが、全体評価するとしたら、LCの方が使い勝手は良い気がします。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。


スポンサーリンク


“LIXIL(リクシル)洗面化粧台LCとMVの違いについて!使ってみた感想” への8件の返信

  1. イケサンさま

    はじめまして。
    ちかぢか、洗面台を交換するにあたり、LIXILのCLを考えていたところ、工務店さんがMVの存在を教えてくださいました。
    LIXILのショールームにはCLしかありませんでしたので、イケサンさまのMVとCLの比較がとても参考になりました。
    ありがとうございました(^^)v

    • ポンタさん

      はじめまして、コメントありがとうございます。

      ポンタさんの役に立ててなによりです!

      新しい洗面化粧台楽しみですね。

  2. 初めまして。現在 新築の水回りをあれこれ決めているところです。
    私の家も一階の洗面台をLCに決めて打合せを進めていましたが、
    先日別件でリクシルのショールームに再訪したところ、工務店さんへの見積り書の記載が(勝手に?)MVになっていて別の洗面台かと驚きましたが、
    「ビルダー向け商品でLCとほとんど同じです」と聞いて納得しました。
    ですが、LCとMV違いをしっかり確認していなかったので、イケサン様が実際両方使われた感想と比較を細かく書いてくださっていて本当に助かりました。
    ありがとうございます!!
    ビルダー向けとなるとMVの方が少しお安いのかなとは思いますが(差額は分かりません・・・)、仕様面で比べるとLCの方が良さそうですね。差額もきちんと確認して検討したいと思います。

    • りっきーさん

      はじめまして。
      コメントありがとうございます。

      そうですね、価格も検討した上で最終結論を出した方がいいですね。

      我が家はソフトクローズにこだわったので、LCになって良かったと思いましたが、数カ月MVを使っていて、慣れるとそこまで気にならなくもなっていました。

      住めば都

      という感じです。

      今更遅いですが、お金もあったら
      自動で水が出るセンサータイプの水栓にしたかったですね。

      毎回、手を洗ったり口をゆすぐ時に無駄に水を流していて勿体ない気がしました。特に子供は流しっぱなしにする傾向もあるので

      じっくり検討して、納得いく買物ができることを祈ってます!

  3. こんにちは!こちらもLCかMVかで迷っており、幅90センチで5万円の差です…!5万円の価値があるかどうか…
    特にうちは収納が狭くて引き出しの大きさはかなりポイントだったので、
    詳細を教えていただいてとても役立ちました。ありがとうございました。

    • ゆさん

      コメントありがとうございます。
      扉を締める回数が多くて、バタンとなるのが気になる場合は5万円上がりますが、LCが良いかもしれませんが、取っ手を付けないでスッキリしたい場合はMV。

      好みによりますが、納得いく買物ができることを願っています。

      一生物の買物ですからね。

  4. はじめまして(^^)
    LCとMVで迷っていたところなので、とても参考になる記事を発見できとても嬉しく思っています!!ありがとうございます。

    ちなみになんですが、お色は何にされましたか?MV、LCともに。

    お返事宜しくお願いします(^^)

    • kmさん
      コメントありがとうございます!

      色味ですが
      1階がグロスホワイト
      2階が洗面台はクリエダーク

      というヤマト住建の標準スペックであるミドルグレードから選びました。

      床の色が1階が白い床、2階はグレイアッシュ系の床色だったので、しっくりきそうな色で選びました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*