登山と街着用にオールシーズン対応のノースフェイスのアルパインライトパンツを購入したのでレビューしてみた!


こんにちは、イケサンです。

 

 

今年は登山にも挑戦していこうと思い、クライムライトジャケットや寒さ対策にマウンテンバーサマイクロジャケットのフリースを購入しました。上着がノースフェイスのブランドなので、パンツもブランドを統一させた方が見た目も良いと思い、ノースフェイスから探すことにしました。


スポンサーリンク


探していたところ、股から足元にかけて細くなっていくテーパードシルエットで、街着でも着れそうという評判のアルパインラインパンツを見つけました。

 

 

値段は若干高めですが、オールシーズン対応というコンセプトだったのでこれをアマゾンで購入。

 

 

 

特長

テーパードシルエット

アルパインライトパンツが何で人気かというと、一番の特長であるのがテーパードなシルエットだということだと思います。このテーパードシルエットによって、登山だけにとどまらず、ファッションとして街着でも着ている人が多いようです。実際に街着のイメージでTシャツとアディダスのスタンスミスを履いた写真です。

そこまでテーパードかというと微妙ですが、他の登山用パンツはストレートが多く街着にするには微妙な気がしますが、このアルパインライトパンツであれば街着でも問題なさそうです。

 

 

なお、足元の裾周りは18.2cmだったので、やはり細身には作られています。

ストレッチ抜群

素材はナイロンがメインですが、伸縮性を良くするためポリウレタンが10%も入っています。よく、ユニクロのストレッチ性のあるデニムなどがありますが、ポリウレタン5%なのでアルパインライトパンツは2倍ほどポリウレタンが使用されていることになります。

 

下記写真のように山を登る際の足上げも抵抗なく、また足を開いても問題なく伸縮性があることを感じます。

 

膝部分が立体裁断になっているため、膝の上げ下げのしやすさもあるのかと思います。

 

パンツを裏返してみると、こんな感じで裁断されていることが分かります。

 

撥水性

生地の表面には撥水コーティングが施されているので、多少の雨であれば水を弾くことができます。本格的な雨でなければ、このパンツ一着で問題ないと思いますが、山の天気は変わりやすいので、念のため防水性のパンツもあった方が良い気はします。

 

金がないので、まだ買ってませんが...。

 

 

 

静電ケア設計

乾燥した時期に起きやすい静電気の発生を抑える静電ケア設計にもなっています。ナイロン生地だと歩いているうちにシャカシャカして静電気が溜まりそうなので、こういった工夫が良いですね。

 

 

ファスナーが2重

パンツの開け閉めするファスナーがなんと2個付いており、上からも、下からも開けることができます。恐らく、男性用にジャケットやリュックを背負ったままの状態で立小便する際、リュックの腰ベルトなどで固定されているとパンツのファスナーを上から下に開けずらいのを、下から上に開けることでしやすくしたのかもしれません。

 

 

ポケットがファスナー付き

ポケットは、ファスナーが全て付いているので、貴重品を入れて行動してもファスナーさえ閉めておけば、落ちる心配もないので、登山中に便利です。しかも、開け閉めしやすいように、ファスナーのつかむ位置にはつかみやすい紐が付いています。

 

なお、ポケットは表に2箇所、裏は右側に1箇所付いています。本当は裏ポケットも2箇所あった方が自分としては良いのですが、他メーカーを見ても裏ポケットが1箇所タイプの方が多いような気がしました。

 

 

その他

パンツはベルトを付けれるタイプではなく、ゆるい場合は腰の紐で調節するタイプになります。

 

 

汗など濡れた場合に乾きやすいようにポケット部分はスケスケのメッシュ素材になっています。

 

アウトドアブランドなので、洗濯表示上は手洗いが可能となっています。どうしても、洗濯すると撥水性は落ちるのでその部分は気になりますが、クリーニングに出さなくて済むので良かったです。

 

■価格
16,500円(税込)

定価は16,500円(税込)ですが、私がアマゾンで購入した時は12,271円(税込)で少し安く買えました。

 

■カラー
(NT)ニュートープ
(KT)ケルプタン
(TB)TNFブルー
(UN)アーバンネイビー
(K)ブラック

カラー展開は5色。防水用のジャケットをケルプタンというベージュっぽい色にしたので、パンツを合わせるなら同系色でなく、濃い目のネイビーかブラックが合うと思い、最終的にブラックにしました。

 

■素材
APEX Aerobic Light(ナイロン90%、ポリウレタン10%)

 

■重量
356g(Mサイズ)

実際に計って見たところ、Mサイズで356g(上段写真)でした。通常履いている下段写真のパンツが468gなので、100g位は軽量に作られているイメージです。山登りするなら、少しでも軽い方がいいですからね。

 

■サイズ
最近購入しているパンツの股下は75cmから77cm位がちょうど足首が見えるか見えないか位だったので、76cmの股下と表記されたMサイズにしました。

 

実際に股下を測ってみたところ、以下のサイズでした。
股下:75.6cm

 

参考まで私の体型は
身長:178cm/胸囲:94cm/そで丈:62cm/肩幅:45cm/ウエスト:77cm/股下80cm位/体重:64kg

サイズウエストヒップワタリ股下脇丈裾幅
S71cm97cm32cm73cm97cm17cm
M74cm101cm33cm76cm101cm18cm
L77cm105cm35cm79cm105cm19cm
XL80cm109cm36cm82cm109cm19cm
XXL83cm113cm37cm85cm112cm20cm

 

 

試着イメージ

上にマウンテンバーサマイクロジャケットを着て、スタンスミスを履いたイメージ

スタンスミス位の高さのローカットスニーカーであれば、丈の長さはちょうど良い感じです。

 

スタンスミスよりもローカットのスニーカーだとツンツルテンに見える気がします。何も靴を履かない場合のイメージ写真が丈の長さの参考になるかと...。

 

丈の長さだけで言えば、Lサイズでも良かったのかもしれませんが、登山靴はハイカットを履くので、登山靴を履いた感じからすると、気持ち丈の短いMサイズでちょうど良かった気がします。

 

 

お腹周りのイメージ
あえてTシャツをインして、お腹周りのサイズ感の参考として写真を撮ってみました。

 

Mサイズは表記上74cmとなっていますが、ウエスト77cmの私でも、特にキツイということはなく、ちょうど良い感じです。表記よりもゆったりと作られています。

 

せっかくジャケット、フリース、パンツ、登山靴一式購入したのに、不要不急のため登山に行けないのが残念です。息子との登山が待ち遠しいです。

 

 

なお、今回登山用に購入した他のアイテムについて記事にしていますので、参考まで
生まれて初めてGORE-TEXのジャケットを買ったのでレビューしてみた!ノースフェイス「クライムライトジャケット」

 

春から秋向け登山にノースフェイスのマウンテンバーサマイクロジャケットを購入したのでサイズ感などレビューしてみた!

 

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。


スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*